読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エスカレーターの片側

エスカレーターの片側を空ける慣習が大嫌いだ。この話を周りにすると熱くなりすぎて、引かれてしまう。

面倒くさいやつだなとも言われる。


でもどうしようもなく嫌いなのだ。


私がここで取り上げたいのは、エスカレーターと階段が横並びになっているときの話だ。


その場にエスカレーターしかなく、階段がそばにない場合、片側を空けることには何も思っていない。


でもだ、真横に階段があるときにエスカレーターの片側を空ける必要はあるのか。

急いでいる人は階段で行けばいいじゃないか。


なにより私をいらいらさせるのが、止まって乗る側に乗るために行列ができていることだ。通勤ラッシュのときにはかなり並ぶ。

片側を空けなければ、倍の人数が止まったまま乗ることができるのに、列は圧倒的に短くなるのに。


朝、決して階段を登りたくない私は行列に並びながら、心の底からいらいらしている。


ときどき、私はエスカレーターの歩くために空けてある側にあえて、立ち止まって乗る。

中二病ぽく言えば、社会への反抗だ。

とはいえ、エスカレーターの短さや混雑具合を見極めて実行するチキンだ。


今までこれをして、後ろの人に怒られたことはない。

内心舌打ちをしている人はいるかもしれないけど、直接的な被害を受けたことはない。


だって、そこらじゅうに「止まって乗ってください」「歩いてはいけません」「2列で乗りましょう」と書いてある。

見えるルールはこちらが正しい。なかなか文句を言えないのではないかと思う。


とはいえ、いつかは怒られたり、なにかされたりするかなとも思っているので、もし共感してくれて実行しようとする人は気をつけて欲しいし、何かあっても自己責任でお願いしたい。


まあこんなことを私が1人わーわー言っているだけで、現実は見えないルールが圧倒的に浸透している。


それでも、エスカレーターの片側は開けて欲しくないなあ。